レンズ

フォクトレンダー NOKTON Classic 35mmを作例付きレビュー!

 

これからイルミネーションの時期。

 

特徴的な玉ボケ写真を撮りたいなぁと思っていたところ、

とある写真家さんのレンズの作例が素敵だったので筆者もぽちり。

 

ポチったのはこちらのレンズ。

 

コシナさんから発売されているフォクトレンダーというクラシックレンズ

その中の2018年に発売された35mmのレンズを作例付きでレビューしてみました。

 

結論から書くと、コスパ最強の超おすすめレンズでした。

レンズの概要

 

内容
参考価格 63,800円
マウント E
焦点距離 35mm
最短撮影距離 0.3m
重量 262g
フォーカス MF

※価格については2021年11月時点のamazonによる税込み価格です。

 

このレンズをポチった決め手の一つとしては、マウントアダプターがいらないという点。

 

一般的なオールドレンズってマウントアダプターが必要なイメージだったのですが、このレンズの場合Eマウントのカメラでしたらアダプターが無くても撮影出来ちゃいます。

 

大きさや重さ

開封の儀を終えてまず思ったのは、とても小さいということ。

そしてクラシックレンズというだけあって厳かな雰囲気を感じられます。

 

まず、大きさを比較するため近くにあったミカンと比較。

 

ミカンとほぼほぼ同じ大きさです。

 

今度はミカンと近くにあったSIGMA 14-24mm f2.8を並べて比較。

 

 

SIGMA 14-24mm f2.8も決して大きなレンズの部類に入るわけではないのですが、その半分以下の大きさです。

 

レンズを手で持ってみるとこんな感じ。

 

 

 

 

ポケットに余裕で入れられる大きさです。

しかも262gなのでめちゃくちゃ軽い

 

気軽に撮影したいときに使えるレンズとして重宝しそうです。

作例

気になる作例を載せていきます。

 

 

 

クラシックレンズだけあって玉ボケがきれいだし、ボケの量が多い気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに撮影につかったカメラはSONY α7RⅢというカメラです。

 

 

他のレンズとの比較

他の35mmレンズだと以下のようなレンズがあります。

 

シグマだとこちらのレンズ。


タムロンだとこちらのレンズ

3本の概要はこちら。

フォクトレンダー SIGMA TAMRON
価格 63,800円 90,800円 93,330円
マウント E E,L EF,F,A
重さ 262g 640g 480g

※価格については2021年11月時点のamazonによる税込み価格です。

 

フォクトレンダーはマニュアルフォーカスのみなので、若干の不便さはあるもののこの軽さと価格だったらかなりコスパはいいと思います。

 

綺麗な玉ボケ写真やイルミネーションを綺麗に撮りたい方。

コスパのいいクラシックレンズが欲しい方。

マウントアダプターを使わないで撮影したい方におすすめのレンズです。

 

 

 

 

-レンズ

Copyright© ナベカメラ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.