カメラの基礎知識

RAWやJPEGって何?違いを初心者にも分かりやすく解説

この記事はこんな方におすすめです。

  • rawって何?
  • jpegと何が違うの?
  • どっちで撮影するほうがいいの?

 

といった疑問をお持ちの方におすすめの記事です。

 

カメラをやっていると必ず出てくる単語「RAW」。

「JPEGよりも画質がいいんでしょ?」

とぼんやりとしたイメージを持っている方は多いかと思います。

 

RAWデータで保存すると画質が良くなるわけではありません。

 

RAWデータで保存することの最大のメリットは

「現像しても画質が著しく低下しないこと」

にあります。(現像=加工)

 

本記事ではRAWとJPGの違いを徹底的に掘り下げて解説するとともに、RAWで保存することのメリットについて説明していきます。

本記事の内容

  • RAWとJPGそれぞれの特徴
  • そもそもRAWとは何か?
  • なぜRAWで保存すると現像の時に役立つのか
  • RAWデータのサイズが大きい理由
  • RAWの設定方法

 

RAWとJPEGの比較

下の表はRAWとJPEGデータの特徴を比較した表です。

RAW JPEG
データサイズ とっっっても大きい 小さい
現像したときの画質 低下しない 低下する

 

RAWデータは

  • データサイズが大きい
  • 現像したときに画質が著しく低下しない

 

この2つの特徴だけ覚えておけば大丈夫。

あなたも今日からRAWマスターです!

 

まず早速、RAWデータの一番の特徴

「現像しても画質が著しく低下しない」

について実例を交えて解説します。

 

RAWで保存すると現像の時に大活躍!

こんな経験ありませんか?

写真を撮ったはいいものの実際に見た感じと違う。。。

なんて思った経験はありませんか?

例えばこちらの写真。

現像前の写真

 

こちらの写真は朝焼けと鳥居を撮影した写真です。

朝焼けが赤く染まる様子がとても美しかったのですが、上の写真だといまいちそれが伝わらないかと思います。

 

ではこちらの写真はいかがでしょう。

現像後の写真

 

 

先ほどよりもコントラストが強調されて印象のある写真になりました。

これは写真現像ソフトLightroomで現像したため実際に見た風景に近づけられました。

現像後の写真現像前の写真

 

このように写真を現像することで実際に見た風景に近づけることが出来ます

(現像=加工)

 

カメラの性能には限界がある。そこで・・・

カメラの性能には限界があります。

いくら技術が発展したとしても人間様の眼にはとうてい及びません。

 

なので一眼レフで写真をとってもそれが「実際に見た風景を忠実に再現できているか?」

と聞かれたら、必ずしも再現できているわけではないのです。

 

では忠実に再現するためにどうすればいいのか?

ここで登場するのが現像ソフトです。

 

現像ソフトはカメラの性能を補う役割を担っています。

現像ソフトで写真を現像することで、実際に見た風景に近づけることが可能となります。

RAWは現像時の画質低下を防ぐ方法

現像作業をすると元のデータから画質は低下してしまいます。

しかしRAW形式で保存すれば、画質の著しい低下を防ぐことが出来ます。

 

例えばこちらの写真。

 

赤いところを拡大した写真が次の2枚の写真です。

前者はjpgデータを現像した写真。

後者はRAWデータを現像した写真です。

 

前者の写真のほうがディティールが失われている様子が分かるかと思います。

このようにJPGデータを現像すると画質が低下してしまうのです。

 

なぜJPGデータを現像すると画質が低下するのでしょうか?

その理由をこれから解説します。

 

RAWは調理前の素材

RAWとは直訳すると「生」という意味です。

つまり未加工の状態を指します。

 

一方でjpegは加工済みのデータを意味しています。

料理で例えるとするならば調理済みのデータがjpegです。

 

例えばあなたの目の前に取れたてのサーモンがあるとします。

刺身として食べるか、焼いて食べるのか、どのように調理するかは自由です。

 

ここで一度焼き魚にしてしまった後で、

「やっぱり刺身にしよう」

と思ってももはや手遅れですよね。

 

一度完成した焼き魚からさらに手を加えようと思えば味の質は落ちます。

写真もこれと同じです。

 

一度jpegデータに圧縮してしまうと、そこからさらに手を加えると画質が低下してしまいます。

 

先ほどのこちらの写真は「焼き魚」から無理やり「刺身」にしようと頑張った結果です。

画質が低下し、石の細部が表現しきれていません。

 

現像の時に画質を低下させないためには、RAWデータとして保存する必要があるのです。

小まとめ

ここまでを簡単にまとめます。

  • カメラは現実世界を完全には再現できない
  • 実際の風景に近づけるためには現像作業が必要
  • 現像をすると画質が低下する
  • 特にJPGデータを現像すると画質が大きく低下する
  • RAWデータを現像すれば画質の著しい低下を防げる

 

次はRAWデータのデータサイズが大きい理由を説明します。

RAWデータが重い理由

なぜリンゴは「赤く」見えるのか

データサイズが大きい理由を解説するのですが、まずは「色」とは何か。

ということについてまず説明します。

私たちはなぜリンゴを「赤い」と認識できるのでしょうか?

そして空が「青く」見えレモンを「黄色」と判断し、

そして何故、ガッキーを超絶美人だと思うのでしょうか?(ここ一番大事)

 

これには理由があります。

リンゴを例にとると、リンゴが赤く見えるのはリンゴが「赤い光のみを反射させているから」です。

 

物体には光を反射・吸収・透過させる力があります。

リンゴは赤い光を反射させる力とそれ以外の光を吸収する力を持っています。

 

反射された赤い光は私たちの眼に届き、私たちはリンゴを「赤い」と判断します。

全ての色に共通するルール

世の中にはたくさんの色があります。

赤色の中にも「紅」「茜色」「えんじ色」など様々です。

 

全ての色はある法則によって色が決まります。

 

それは

「光の3原色の組み合わせによって決まる」

という法則です。

3原色とは

  • R:レッド
  • G:グリーン
  • B:ブルー

の3つです。

 

全ての色は3原色のブレンド具合によって色が変わってきます。

 

例えば「黄色」は最小値を0、最大値を255としたとき

R:255 G:255 B:0

で作れます。

 

「水色」は

R:0 G:255 B:255

で作れます。

階調とは

今は便宜的に最大値を255としました。

つまりRやG・Bをそれぞれ255分割したということです。

下の図はグリーンを255分割した(ような)図です。

 

右側に段々と緑色が濃くなる様子がお分かりかと思います。

 

一方でこちらはブルーを5分割した図です。

 

このように「どれだけ細かく分割するか」によってグラデーションは変わってきます。

このグラデーションのことを階調といいます。

階調が豊かな方がいい

階調が豊かな写真のほうが、写真としての出来栄えは優れています。

階調はいわば「絵の具の数」のようなものです。

 

絵の具が7色の場合と100色の場合だったら、後者のほうが綺麗な絵を描くことが出来ますよね。

 

写真もこれと同じで、沢山の色を表現しているほうが綺麗な写真となります。

8bitとか14bitとか

世界には無限の色が存在しています。

じゃあ人間がそれをすべて見れるのか?と言われたらその答えはNOです。

 

人間が見れるの色の数は約1000万色といわれています。

 

天使であるガッキーでも1000万色しかみれないのです。。。

じゃあデジタルの世界ではどうなのか?

 

デジタルの世界では1000万色以上の色を再現できます。

しかし人間様が1000万色しか見れないのに、必要以上に色を再現してもあまり意味がありませんよね。

 

なのでデジタルは人間に近い形で色を再現してくれています。

jpgデータの場合約1600万色(256×256×256)の色を再現しています。

 

この256×256×256=1600万色で再現されたデータのことを8bitのデータと呼びます。

(2の8乗は256)

 

RAWデータは14bit

カメラの中には画家がいてその画家が実際の風景を写真にしてくれます。

この画家は世界に存在する無数の色を圧縮して再現してくれます。

 

jpgデータで保存するように指示すれば、無数の色を1600万色まで圧縮して再現してくれます。

一方でRAWで保存するとどうなるか。

 

RAWデータで保存するように指示すれば4兆4000億の色の情報を記憶してくれます。

 

これがRAWデータのサイズが大きい理由です。

つまりRAWデータのサイズが大きい理由は、「jpgよりもたくさんの色情報をもっているから」です。

 

RAW形式で保存する方法

最後にRAWデータで保存する方法をサラッと解説して終わります。

 

設定方法は簡単です。

 

カメラの設定画面には「保存形式」を設定できるところがあります。

そこで「RAW形式で保存する」を選択するだけです。

 

カメラによっては「RAW+JPEG」で保存できるカメラもあります。

どちらで保存するかはご自身にお任せします。

まとめ

最後にまとめです。

  • カメラは現実世界を完全には再現できない
  • 実際の風景に近づけるためには現像作業が必要
  • 現像をすると画質が低下する
  • 特にJPGデータを現像すると画質が大きく低下する
  • RAWデータを現像すれば画質の著しい低下を防げる
  • RAWデータは沢山の色情報を持っているため重い

 

最後まで読んでいただき有難うございました!

-カメラの基礎知識
-, ,

Copyright© ナベカメラ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.