レンズ

TAMRON 35-150mm f2-2.8を作例付きでレビュー!

 

2021年10月に発売されたタムロンのレンズ、TAMRON 35-150mm f2-2.8

 

最初発表されたときは6度見しました。

「え、ズームレンズなのにf2-2.8って何?しかも35-150mmって笑」

 

何度公式HPを見ても夢ではなかったので、嫁にばれぬようこっそりポチリ

 

順調に貯金がなくなってきましたが、見て見ぬふりをしようと思います!!!

 

そんなわけでこちらのレンズを作例付きでレビューーーーーーーー!!!

 

リンクはこちらです↓

※2021年12月時点ではAmazonによる販売は確認できておりません。

 

概要

 

内容
参考価格 18万2,000円
マウント ソニーEマウント
焦点距離 35-150mm
重さ 1,165g
最短撮影距離 0.33-0.85m

※価格については2021年12月時点の楽天市場における税込み価格です。

ご注意ください。

 

大きさ

 

左からSIGMA 14-24mm f2.8、SIGMA 135mm f1.8、そしてTAMRON 35-150mm f2-2.8。

 

見ての通りかなり大きいです。

 

SIGMA 14-24mm f2.8より2周り。

SIGMA 135mm f1.8より1周り大きいです。

 

手に載せてみるとこんな感じです。

 

 

何となくは想像していたんですが、予想通り重たいです。

SIGMA 135mm f1.8とほぼ同じくらいの重さです。

 

でも結論から書いてしまうと、ほんとに弱点はそれくらいなのかなと思います。

 

作例

気になる作例です。

35mm~150mmで東京タワーを撮るとこのようになります。

(SONY α7RⅢ 焦点距離:35mm f8.0)

画面右下を拡大するとこのように。

かなりシャープに映っているなと感じました。

 

次に150mmで撮った場合。

(SONY α7RⅢ 焦点距離:150mm f8.0)

 

かなり大きく写せます。

正直、風景写真やポートレートなどこの1本あれば大抵のものは撮れるなと思います。

 

というわけで、イルミネーションの時期だったのでイルミネーションを撮影してきました。

(SONY α7RⅢ 焦点距離:35mm f2.0)

焦点距離を35mm、F値を2.0に設定するとこんな感じで玉ボケ写真が簡単に撮れちゃいます。

ふおおおおおお!

 

 

少し離れた被写体でもこのように。

(SONY α7RⅢ 焦点距離:48mm f2.2)

 

(SONY α7RⅢ 焦点距離:150mm f2.8)

150mmまで伸ばしてもF値が2.8まで下がるのはやはり強いと感じました。

 

 

(SONY α7RⅢ 焦点距離:61mm f2.8)

上のように主題全体を写すこともできます。

 

また下のように主題の中の一部を切り取って撮ることもできます。

(SONY α7RⅢ 焦点距離:150mm f2.8)

 

(SONY α7RⅢ 焦点距離:150mm f2.8)

 

個人的には2021年に発売されたレンズの中で一番いいレンズだと思います。

風景・ポートレート・物撮り・スナップ。

どんなジャンルでも使えるレンズだなと感じました。

 

ありがたい点

フードロック機構

地味にありがたい点がレンズフードのフードロック機構

 

レンズフードにボタンがついてます。

 

 

フードロック機構というらしいです。

 

レンズフードを装着しているときはカッチリはまっています。

ボタンを押すと取れる仕組みになっているので、不用意に外れたりしないんです!

 

ありがたし!

 

ズームロックスイッチ

重たいズームレンズを持ち歩くと、自重で勝手にズームリングがくるくるとまわっていたり、なんてことも。

 

それを防いでくれるのがこのズームロックスイッチ

 

これを押すことで35mmの焦点距離に固定されます

 

いつの間にかズームリングがまわってレンズが伸びていた!

なんてことも防げるのでありがたし!!!

 

フォーカスセットボタン

レンズ側についているボタン。

この両脇についているボタンですね。

フォーカスセットボタンというのですが、レンズに合計3つ付いています。

カメラ側の設定で「このボタンを押すと〇〇を作動させる」という設定が出来ます。

 

筆者の場合このボタンに瞳AFの役割を与えてます。

 

人以外は通常のボタン。

人の場合はレンズ側のフォーカスセットボタンを押してピントを合わせる。

 

というフォーカスの使い分けが出来ます。

ありがたし!!!!!!!!

 

ちなみにレンズが届くまで

ちなみにこちらのレンズ。

2021年の10月28日に発売されました。

 

筆者は10月下旬に予約したのですが、実際に届いたのが2021年の12月6日。

届くまで約1ヶ月以上かかりました笑

 

どうやら需要がありすぎて生産が追い付いていないみたいです

タムロンさんの公式HPでもその旨が記載されています。

>>レンズの供給について

 

これを書いている時点が12月。

そろそろ桜の時期なので早めに予約し、準備万端の状況で桜の撮影に臨まれた方がいいのかなと、個人的には思いました。

 

他のレンズと比較すると

キヤノンEFマウント、ニコンFマウントから同じシリーズのレンズが販売されています。

 

キヤノン用リンク↓

ニコン用リンク↓

 

異なるのはF値が2.8-4であるという点。

それでもかなり使い勝手はいいレンズだと思います。

お値段もEマウントの半額以下です

 

 

比較対象としてしていいのか、はさておき。

似たようなレンズだと下のソニーから販売されているレンズもあります。

 

 

もっと軽いズームレンズが欲しい!

もう少しリーズナブルなレンズがいい!

という方は同じタムロンのこちらのレンズもおすすめです。

 

TAMRON 35-150mm f2-2.8と比較するとこのようになります。

35-150mm f2-2.8  28-75mm F/2.8 G2
価格 18万2,000円 9万5,000円
焦点距離 35-150mm 28-75mm
F値 2-2.8 2.8
重さ 1,165g 540g
最短撮影距離 0.33-0.85m 0.18m-0.38m

※価格については2021年12月時点の楽天市場における税込み価格です。

ご注意ください。

 

お値段、重さ、焦点距離すべてが異なってくるので、皆さんが撮りたい被写体に合わせて選ぶのがおすすめかと!

 

まとめ

最後にまとめです。

  • 風景・ポートレート・物撮りまで幅広いジャンルで使えるレンズ。
  • 正直この1本があれば大抵のものは撮れます。
  • フードロック機構など、描写以外の面で細かい配慮がされていて使いやすい!
  • 少し重たい、という点だけが弱点

 

※2021年12月時点ではAmazonによる販売は確認できておりません。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

-レンズ
-,

Copyright© ナベカメラ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.