カメラの基礎知識

イメージセンサーとは?フルサイズやAPS-Cについても分かりやすく解説

この記事はこんな方におすすめです。

  • イメージセンサーってなに?
  • センサーサイズってなに?
  • APS-Cとフルサイズはどっちがいいの?

という疑問にお答えする記事です。

 

一眼レフを使っていると必ず出てくる単語が「APS-C」「フルサイズ」という単語。

 

そして多くの方が

「どっちのカメラの方がいいの?」

という疑問をお持ちになるかと思います。

 

今回の記事では

  • イメージセンサー
  • APS-Cとは
  • フルサイズとは

についてまとめたので、カメラ初心者の方は一緒に勉強していきましょう!

 

 

本記事の内容

  • イメージセンサーとは
  • センサーサイズとは
  • APS-Cのメリット
  • フルサイズのメリット

イメージセンサーとは

イメージセンサーとは一言でいえば「画用紙の大きさ」のことです。

 

「どういうこと?」

という疑問の声が四方八方から聞こえてきたので、さらに詳しく解説します。

 

たとえばこちらの絵をを描くと想像してみてください。

シャッタースピードを長くした滝の写真

 

あなたには画用紙が2種類用意されています。

 

1つはかなり小さい付箋サイズの画用紙。

もう一つは超巨大なA0サイズの画用紙です。

 

付箋サイズの画用紙に絵を描くとなると、細かい部分を描くことはかなり難しいですよね。

微妙なグラデーションなどを表現することは困難です。

 

一方で超巨大なA0サイズの画用紙だったらどうでしょう。

かなり細かい部分まで描くことが出来ますよね。

 

カメラの中には画家がいる

これと写真は全く同じです。

カメラの中には画家がいます。

 

この画家が瞬時に絵を描いて1枚の写真にします。

そしてその絵を描くための画用紙がイメージセンサーです。

 

つまりイメージセンサーが大きいと細かい描写ができるということです。

イメージセンサーの大きさ

イメージセンサーの大きさのことをセンサーサイズと呼びます。

センサーサイズは何種類かありますが、ここでは4種類のセンサーサイズを紹介します。

 

4つとは

  • スマホサイズ
  • マイクロフォーサーズ
  • APS-C
  • フルサイズ

です。

下の図をご覧ください。

 

スマホサイズとフルサイズでは30倍も面積が違います。

スマホと違って一眼レフの描写力が高い理由はここです。

 

内蔵されているイメージセンサーが一眼レフのほうが大きいため、一眼レフのほうが綺麗に描写できるということです。

 

APS-Cとは?

一眼レフで使われているセンサーサイズにAPS-Cというサイズがあります。

これはスマホサイズより圧倒的に大きく、高級機のフルサイズよりやや小さめのサイズです。

 

「趣味として手軽に一眼レフを楽しみたい」

「野鳥など遠くの被写体を撮りたい」

といった方にピッタリのカメラです。

 

フルサイズとは

フルサイズは一番大きなイメージセンサーのサイズです。

筆者もこちらのフルサイズのカメラを使っています。

「カメラを本格的に楽しみたい」

という方はフルサイズのカメラをお勧めします。

 

センサーサイズが大きいことのデメリット

一眼レフでは主にAPS-Cかフルサイズのイメージセンサーが搭載されています。

どちらを選べばいいか悩みますよね。

 

そんなお悩みをお持ちの方に、ここからは

「イメージセンサーが大きいことによるメリット・デメリット」

を解説していきます。

 

まずはデメリットから説明します。

 

デメリットはこちらです。

  • 値段が高い
  • カメラの重さが重い

 

値段が高い

イメージセンサーが大きいとカメラの値段は高くなります。

筆者が使っているカメラもべらぼーに高いです。

 

もっとリーズナブルな趣味を楽しみたかったとちょっと後悔しています。。。

 

カメラが重くなる

イメージセンサーが重いと、カメラの重さは重くなります。

例えばこちらのAPS-Cのカメラは重さが453gです。

 

一方でこちらのフルサイズのカメラは重さが890gあります。

大きな画用紙を内部に搭載していれば、その分重さが重くなるのは必然です。

 

センサーサイズが大きいことのメリット

次にイメージセンサーが大きいことによるメリットを紹介します。

メリットはこちらです。

  • 描写力が圧倒的に高い
  • たくさんボケる
  • 暗いところで強さを発揮する
  • 広角に強い

順番に説明します。

 

描写力が高い

絞りを大きくした写真

これは先ほどの付箋とA0サイズの画用紙の例でお分かりかと思います。

画用紙が大きければ大きいほど細かく描写が可能です。

 

「カメラを極めたい!」

という熱いパッションをお持ちの方はフルサイズのカメラがおすすめです。

 

たくさんボケる

これはお笑いのボケとツッコミのボケではありません。

「なんでやねん!」

とか

「いい加減にしろ!!」

とか

「そんなパスタ食べたことないわ!!!」

とかのやつではありません。

絞りを開放させたときの写真

 

私のキレッキレの突込みは横に置くとして。

ここでいうボケの意味とは主役以外のボケを指します。

 

主役以外がボケることで主役の存在が際立ちます。

上の写真は桜がボケてることでスカイツリーの存在が際立っています。

 

ポートレートやマクロの写真を撮りたいと思っている方はフルサイズをおすすめします。

 

暗いところに圧倒的に強いフルサイズ

シャッタースピードを長くした写真

フルサイズのカメラは暗いところで圧倒的な強さを発揮します。

イメージセンサーは画用紙のようなもの、と例えましたがもう少し専門的な話をさせてください。

 

カメラは「光」という情報を読み込んでそれをデジタル化しています。

その「光」を受け取る場所がイメージセンサーです。

 

イメージセンサーは光を取り込む「受け皿」

暗いところは光が少ないです。

「光」という情報が少ないとカメラは真っ黒に描写してしまいます。

 

例えばスマホで夜景をきれいに写せないのは、スマホのイメージセンサーが光を取り込めず

「光、全然入ってこないから黒く描写してやるか」

と判断しているためです。

 

しかしイメージセンサーが大きいとどうなるか。

光を受け取る部分が大きいので、その分多くの光を取り込めます。

 

その結果カメラは

「光がわずかに入っているから、真っ黒ではないんだな」

と判断し夜景をきっちり描写してくれるのです。

 

広角に強いフルサイズ

センサーサイズが違うと画角が違ってきます。

簡単に言ってしまうとAPS-Cだと遠くのものが写せて、フルサイズだと手前のものが写せると思ってください。

 

例えばこちらの写真。

こちらの写真は焦点距離18mmで写しています。

 

一般的にAPS-Cだと焦点距離がフルサイズの1.6倍になってしまうといわれています。

なのでこちらの写真をAPS-Cで切り取るとこんな感じになってしまいます。

 

 

広角レンズの強みを発揮させたいときはフルサイズがおすすめです。

逆に遠くのものを写したい!という方はAPS-Cをお勧めします。

 

フルサイズとAPS-C、どっちがいいの?

APS-Cをおススメするのはこんな人

これは時と場合によります。

まずはAPS-Cの良さをまとめます。

  • 比較的安い
  • 軽い
  • 遠くのものが写せる

 

このようなメリットを踏まえたうえで、APS-Cをおすすめするのはこんな方です。

  • 手軽にカメラを楽しみたい
  • 山登りの時に綺麗な写真を撮りたい
  • 野鳥撮影など遠く物を撮影したい

 

フルサイズをおススメするのはこんな人

次にフルサイズのメリットを改めてまとめます。

  • 描写力が高い
  • 沢山ボケる
  • 暗いところに強い
  • 広角撮影に強い

 

このようなメリットを踏まえたうえで、フルサイズをおススメするのはこんな人たちです。

  • カメラを本気で楽しみたい
  • ポートレートやマクロ撮影を楽しみたい
  • 星や夜景撮影を楽しみたい
  • 広角レンズを使いこなしたい

 

一眼レフを買おうか悩んでいる方はそれぞれの特性を踏まえたうえで、APS-Cかフルサイズのカメラを検討してみてください!

最後まで読んでいただき有難うございました!

 

-カメラの基礎知識
-, , ,

Copyright© ナベカメラ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.